1. 医師(整形外科医)でもある弁護士が交通事故被害者の後遺障害等級認定から慰謝料請求等の損害賠償請求までをサポートします。
  2. 交通事故事案の初回相談料0円(無料相談)、着手金0円
  3. 交通事故発生から後遺障害等級認定、慰謝料等賠償金獲得まで一律料金でフルサポート
  4. 交通事故事案の時間外・土日祝日の無料相談も可能、空きがあれば交通事故事案の当日の無料相談も可能です。
  5. 死亡交通事故・重度後遺障害(高次脳機能障害・脊髄損傷等)は大阪・神戸・京都・奈良・和歌山のみならず全国対応

等級認定取得のポイント

交通事故の際の後遺障害等級認定では、何より、後遺障害診断書が重要となります。交通事故被害者の方ご自身の症状(後遺症・後遺障害)に合致した適切な後遺障害診断書を医師に作成してもらえるよう、後遺障害診断書作成前から、交通事故専門の弁護士に相談することをおすすめします。また、後遺障害等級認定や異議申立では、医学文献や裁判例も重要となります。さらに、後遺障害等級認定や異議申立にあたって、病院の診療録(カルテ)や画像所見などを分析し、提出をすることが有用であることも少なくありません。これらの観点からも、交通事故事案の経験豊富な弁護士にご相談下さい。当事務所の代表弁護士(大阪弁護士会所属)が大阪大学医学部を卒業した現役の医師(整形外科)で、多くの交通事故案件を経験しております。また、当法律事務所には、大阪弁護士会交通事故委員会所属の交通事故案件の経験豊富な弁護士も所属しており、それぞれの専門性を活かしながら、交通事故被害者の方の案件に対応しております。

交通事故事案の後遺障害(後遺症)・等級認定の流れ

交通事故によって負ったお怪我の治療が終わり、症状固定となると、後遺障害等級認定の手続きに入ります。後遺障害等級認定は、後遺障害診断書等に基づいてなされますので、後遺障害診断書作成に先立ち、交通事故専門の弁護士に相談することをおすすめします。その後、後遺障害等級認定がなされますが、結果に納得できない場合は異議申立ができます。そして、後遺障害等級認定の結果を受け、交通事故加害者との具体的な交渉が始まり、話がまとまれば示談となり慰謝料等の損害賠償金を受け取れますし、まとまらなければ裁判所や交通事故紛争処理センターなどの機関を通じた手続きを用い解決をし、慰謝料等損害賠償金を受け取ります。交通事故後、損害賠償金を受け取るまでには、種々の手続があり、法律や裁判例だけでなく医学的な知識も重要となります。当事務所では、交通事故被害者の方が、適切な損害賠償金を受け取れるよう、大阪弁護士会所属の医療にも交通事故事案にも詳しい2名の弁護士で対応させて頂きます。

交通事故フルサポート

交通事故被害者の方が慰謝料等の適切な損害賠償金を受け取る上で、重要なものが、後遺障害(後遺症)の等級認定です。

交通事故被害者の方の後遺障害(後遺症)の等級が何級になるかで、受けられる賠償金額(後遺障害慰謝料・逸失利益)が大きく変わってきます。

交通事故被害者の方は適切な慰謝料等の賠償を受けられるよう治療中の早い段階から当事務所にご相談いただき継続的なサポートを受けてください。