弁護士紹介

現役の整形外科医であり大阪弁護士会交通事故委員会所属の弁護士がサポートします。

代表弁護士(大阪弁護士会所属)
医師・弁護士  小島 崇宏 (こじま たかひろ)

以下の経歴のとおり、代表弁護士は、大阪大学医学部を卒業した後、大阪大学医学部附属病院、大阪厚生年金病院、関西労災病院などで整形外科医として勤務しておりましたが、医療と法の相互理解の必要性を感じるようなり、趣味であったスキーでの事故がきっかけで、自身が医療と法の架け橋になろうと思い、法曹に転身いたしました。弁護士登録後は、医療機関(病院・診療所)・介護事業者等に関する法律問題に取り組む一方で、整形外科医としての経験を活かし、交通事故の案件も多く取り扱っております。

交通事故被害の多くは、整形外科に関する疾患です。もちろん、当事務所において、代表弁護士が直接診察をしたり、診断書を書いたりすることはありませんが、当事務所の代表弁護士は、整形外科医の視点からも症状等についての話をうかがい、画像を読影し、診断書やカルテを分析し、医学文献の検討を行うことができ、交通事故被害者の適切な賠償の獲得を最大限支援致します。また、高次脳機能障害等の整形外科疾患以外についても、リハビリテーション科勤務の経験も踏まえ、適切・妥当な分析を行うことができます。

交通事故被害でお困りの方は、まずは、お気軽に無料相談を受けて頂ければと思います。

経歴

1995年3月 私立洛南高等学校卒業
2001年3月 大阪大学医学部医学科卒業
2001年4月 大阪大学医学部整形外科学教室入局

以後、大阪大学医学部附属病院、大阪厚生年金病院、関西労災病院、箕面市立病院などで勤務
2008年11月 司法試験合格
2010年8月 司法修習終了(現行63期)、弁護士登録、北浜法律事務所・外国法共同事業入所
2014年1月 大阪A&M法律事務所開設

  

大阪弁護士会交通事故委員会所属の弁護士がご相談を伺います。

弁護士  和田 知子 (わだ さとこ)

社会で生じる紛争について、当事者側に立った仕事をしたいと思い弁護士になりました。お一人お一人の声に耳を傾け、より良い解決を目指します。特異、私は、大阪弁護士会交通事故委員会に所属し、交通事故の被害者の方の事案につきましは、積極的に取り組んでおります。お困りのことがございましたら、遠慮なくご相談ください。

経歴

2003年3月 京都府立朱雀高等学校卒業
2007年3月 龍谷大学法学部法律学科卒業
2009年3月 関西学院大学法科大学院修了
2010年9月 新司法試験合格
2011年12月 司法修習終了(新64期)、弁護士登録、大阪市内の法律事務所にて勤務
2014年5月 大阪A&M法律事務所入所

 

弁護士  濱手 亮輔 (はまて りょうすけ)

私は、依頼者の方のことを第一に考える弁護士になりたいと思っています。全ての依頼者の方に真摯・誠実に対応し、全力で職務に取り組みます。依頼者の方にとって、よりよい解決ができるよう日々研鑽を重ねて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

経歴

2007年3月 大阪府立茨木高等学校卒業
2012年3月 中央大学法学部法律学科卒業
2014年3月 慶應義塾大学法科大学院修了
2014年9月 新司法試験合格
2015年12月 司法修習終了(新68期)
2016年1月 弁護士登録、大阪A&M法律事務所入所

 

相談料無料
0120-947-717