交通事故の基礎知識

1.交通事故発生から解決までの流れ

交通事故の発生

交通事故が発生し、負傷者がいる場合は、119番通報をし、可能な範囲で応急処置をしましょう。また、警察への連絡も必ず行ってください。保険金請求をするためには、交通事故証明書が必要となりますが、この発行を受けるためには警察への届け出が必要となります。

さらに、相手方の連絡先等の確認も忘れずに行いましょう。

医療機関への受診・治療

何らかの症状がある場合は、できるだけ交通事故当日に医療機関を受診してください。

交通事故から日数が経過してからの受診は、相手方により、交通事故と症状との因果関係を争われる可能性が増してしまいます。

また、医師には、自身の症状を適切に伝え、レントゲン撮影等、客観的な根拠となるような検査も、医師と相談しながら必要性に応じ行ってください。その日の検査は、その日にしかできません。

治療中は、基本的には治療に専念して頂き、少しでも早く回復することを目指すべきですが、弁護士への相談は、早めにしておいてください。当事務所では、交通事故被害者事案につきましては、初回無料相談としておりますので、ご遠慮なくご相談ください。

症状固定

一般には、交通事故による傷害の治療を継続しても、これ以上症状が良くならないと医学的に想定される状態をいいます。

症状固定以降は、通院を続けても治療費を加害者が認めないのが原則で、症状固定後は、後遺障害の認定手続きに入ります。

示談交渉・訴訟等

後遺障害の等級認定の結果を踏まえ、加害者と慰謝料等損害賠償額について交渉を行います。

示談交渉で解決できなかった場合は、訴訟等の裁判所での手続きや交通事故紛争処理センターでの斡旋手続き等を利用して、解決をはかります。

2.過失割合について

交通事故においては、どちらか一方だけに非(過失)があるというわけではなく、当事者双方それぞれに非があるこということが多いです。このような当事者双方に非がある場合に、その責任の比率がどの程度かという割合のことを過失割合といいます。実務においては、多数の交通事故を迅速かつ画一的に処理するために、交通事故の形態毎に過失割合が類型化されており(東京地裁民事交通訴訟研究会編の「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」(別冊判例タイムズ第38号))、広く一般に使用されております。

そして、この基準をベースに、それぞれの交通事故の特殊性を考慮して、最終的な過失割合が決まりますが、過失割合は賠償額に影響を与えますので、当事者双方で、言い分が食い違い、争いとなることも少なくありません。

3.自動車保険について

交通事故において、被害者は、体に傷害を負ったり、乗っていた車や所持品が傷ついたりと損害を被ります。これに対し、加害者が損害を賠償することになるのですが、交通事故による損額額は、数百万円を超えることも少なくなく、時には1億円を超えるようなこともあります。

このような損害賠償に備えるための仕組みが自動車保険です。

自動車保険には、交通事故被害者の損害を最低限補償する自賠責保険と、自賠責保険でカバーできない損害を補償する任意保険があります。自賠責保険は、強制加入ですが、任意保険への加入は自由ですから、時に、自賠責保険しか加入していない加害者との交通事故で、被害者が多大な損害を被ることが起こっています。

4.交通事故の解決方法

交通事故に基づく損害賠償請求等の解決方法としては、主に、当事者間での話し合いにより解決する示談と、裁判所による判決により賠償額等を決定する訴訟手続き(和解で終わることもあります。)、交通事故紛争処理センターという裁判所外の機関を利用する手続きとがあります。

それぞれ、以下の様なメリットデメリットがありますので、状況に応じ、適切な解決方法を選択することが重要です。

示談による解決

メリット 比較的早期に解決できる。
弁護士に依頼せずとも解決できる。
デメリット 裁判と比較した場合、特に弁護士の介入がないと、賠償額が低額になりやすい。
弁護士費用や遅延損害金を損害額として認められにくい。

裁判による解決

メリット 示談に比べると高額な賠償を獲得しやすい。
弁護士費用や遅延損害金が損害として認められる。
デメリット 解決に時間がかかる。
個人での対応が困難で、弁護士への依頼が必要となることが多く、弁護士費用が必要となる。

交通事故紛争処理センターによる解決

メリット 裁判と同等の賠償額が認められやすい。
比較的早期に解決できる。
被害者は交通事故紛争処理センターの裁定に拘束されないが、保険会社は基本的には裁定に拘束される。
デメリット 弁護士費用や遅延損害金を損害額として認められにくい。
期待している裁定が出ない場合は、訴訟に移行する必要があり、解決までに、かえって、時間がかかってしまうことがある。

 

相談料無料
0120-947-717