法律相談

 弁護士に法的なことについてご相談いただくことを「法律相談」や単に「相談」といいます。

 交通事故の場合は、どのぐらいの慰謝料が妥当なのか、加害者側の任意保険会社が送ってきた示談書(免責証書)の内容は事故の被害の程度に相当しているのか、どうしたら等級認定を受けられるのかといった具体的なご相談も多いですが、わからないこと・心配なことなどをご自分の言葉で率直にお尋ねいただくと良いでしょう。

法律相談は、法律事務所、市役所等の地方自治体、法律相談センターなどで受けることが可能です。

法律事務所で相談を受けるときには、紹介者がいなければご自身で法律事務所を探さなければなりませんが、どのような弁護士に相談するかをご自身で選ぶことが可能です。このため、交通事故専門の弁護士を探すこともできるでしょう。

一方、地方自治体等の相談所では、当日相談室の扉を開けるまではどのような弁護士が担当するのか分かりませんが、お住まいのお近くの相談所に行くことも可能ですので法律事務所を訪問するより利便性が高い場合もあるでしょう。

法律相談の窓口は様々ですが、一般的に、メールや電話などでお問い合わせいただき、相談日のご予約をしていただくといった流れとなります。

また、当事務所を含め、交通事故の被害者の方からの法律相談を無料でお伺いしている事務所も多くありますし、30分5,000円からといったタイムチャージ制にしているところもあります。

なお、相談と委任は異なり、法律相談をしたからといって必ずその弁護士に委任しなければならないものではありません。