自転車事故の過失割合(1)

最近、電車の通勤・通学ラッシュや車の渋滞を避けるため、自転車での通勤・通学をしている方をよく見かけます。自転車での通勤・通学は、運動不足を解消するというメリットもあるため、健康志向が高まる中、今後も増えていくと予想されます。しかし、街中で自転車での通勤・通学が増えれば、当然交通事故に巻き込まれる可能性も高まります。そこで今回は自転車同士の事故に巻き込まれた場合の過失割合を紹介し、自転車に乗る際の注意点を示したいと思います。

過去の裁判例

Xは、信号機による交通整理が行われていない左右の見通しの悪い交差点に向かって南北道路の西側歩道を自転車で北上していたところ、自転車にて同交差点の西側から右折してきたYと衝突した。同交差点の東西の通りは西方向から交差点に向かって下り坂であり、Yは、下り坂をブレーキをかけながら走行し、右折直前もブレーキを強めたが、同交差点の南方向からくる車両の有無、動静を確認することなく右折し、右折後約5メートル南の地点でXと衝突した。なお、Yは右折後、Xに気づき急制動の措置をとり、ハンドルを左に転把していたが、Xは右手に日傘をもって自転車を運転し、Yとの衝突直前にYに気づくも、特に急制動の措置は取らなかった(名古屋地判平成20年2月29日(交民41巻1号245頁))。

過失割合はどのように判断されたのか?

X対Y=0対100

なぜこのような過失割合の判断となったのか?

・Yは、本件交差点を右折するにあたって、コンクリート壁に遮られて右方の見通しが不良であったのだから、本件交差点手前で徐行ないし一時停止をして、右方から来る車両の有無、動静に注意し、安全を確認してから右折進行すべきであった
・本件事故態様は、Xにとっては、同交差点に差し掛かる以前において、突然、Yの自転車が出現し、Xの自転車に向けて走行してきたものであり、Xにとっての回避可能性はない
・Xが、両手でハンドルを把持していたとしても、本件事故態様の下では、Xにとって本件事故及びこれによる損害の発生は避けられなかった

まとめ

上記裁判例は、あくまで一例で、Xは片手運転をしており、道路交通法70条の安全運転義務違反として、過失相殺の対象となるケースもあります。したがって、片手運転が全て過失相殺の対象にならないわけではない点に注意が必要です。
しかし、見通しの悪い交差点を左折ないし右折する際に、左折先あるいは右折先を通行していた相手方にとって突然左折車ないし右折車が目の前に現れるという場面は往々にして存在し、そのような場面はたとえ相手方が片手運転をしていたとしても、本件のようにこの点について相手の過失が認定されないこともあり得ます。それゆえ、見通しの悪い交差点を通行する際は、日ごろから徐行ないし一時停止を心掛け、事故を防止することが必要であるといえます。

最後に

大阪A&M法律事務所の弁護士は、これまで数々の交通事故事件を解決してきました。予期せぬ自転車事故に巻き込まれた際は、是非当事務所の経験豊富な弁護士にご依頼ください。