交通事故被害者の部位別後遺障害と等級

交通事故による怪我が完治せず、後遺障害が残存した場合には、後遺障害等級認定を申請し、後遺障害等級の認定を受けます。後遺障害等級に該当しないという結果が帰ってきたり、想定していた後遺障害等級より低い等級が認定され、納得がいかない場合には、後遺障害等級認定に対し異議申立をすることができます。いずれにしても、後遺障害等級認定は、以下の部位別の各ページでお示ししているように、一定の基準のもとなされます。ですので、後遺障害等級認定申請や異議申立を行う場合には、後遺障害等級認定に詳しい弁護士に相談することが重要です。当法律事務所では、医師でもある代表弁護士と大阪弁護士会交通事故委員会所属の交通事故事案経験豊富な女性弁護士の2名体制で対応します。

交通事故被害者の部位別後遺障害(後遺症)と交通事故後遺障害等級認定

相談料無料
0120-947-717