交通事故での後遺障害等級認定取得のポイント

1.後遺障害診断書の重要性 

交通事故での後遺障害等級認定は、原則として、後遺障害診断書等の書面のみに基づいてなされ、審査の段階で損害保険料率算出機構や自賠責損害調査事務所の医師が診察をしてくれるわけではありません(外貌醜状の場合は、自賠責損害調査事務所の職員が直接確認することはあります)。

そして、当然ながら、後遺障害診断書は、医師が、診療経過や検査所見に基づいて作成するものですから、交通事故外傷に対し知識・経験が豊富な医師に、丁寧な診察をしてもらい、必要かつ十分な後遺障害診断書を作成してもらうことが重要です。特に、頚椎捻挫や高次脳機能障害の日常生活状況に関する医学的所見などは、客観的な検査結果だけでは判断が困難なことも多く、医師の作成する診断書が重要となります。

当法律事務所では、自ら数多くの後遺障害診断書を含めた診断書の作成も行っていた整形外科医でもある代表弁護士が、後遺障害等級認定の現状を踏まえ、診断書に記載すべき内容、表現方法をアドバイスいたします。

2.診療録(カルテ)等の利用

上記のように、交通事故における後遺障害等級認定においては、後遺障害診断書が重要です。しかし、後遺障害診断書は、基本的に、症状固定時の身体の状況を記載した書面ですので、症状固定に至るまでの経過については、詳しく記載されることはありません。そこで、場合によっては、後遺障害等級認定申請や異議申立に先立ち、診療録(カルテ)を取り付け、診療経過を分析することが有用となることもあります。また、診療や症状の経過について、交通事故被害者ご本人に陳述書を作成頂き、根拠資料とすることも可能です。

3.医学文献や裁判例の重要性

後遺障害等級認定で、後遺障害診断書が重要であることは上述のとおりですが、医師は、自身に専門的知識があるために、診断書の記載が言葉足らずとなることも少なくありません。また、医師は、医療の専門家ではありますが、交通事故賠償の専門家ではありませんので、後遺障害認定についての裁判例には見識がないのが通常です。さらに、医師は、複数の可能性が考えられる場合には、断定的な言い回しをすることを嫌う傾向にあり、特に、因果関係の有無の点で、曖昧な表現となることが多くあります。

そこで、後遺障害の等級認定にあたり、適切な医学文献や裁判例を資料として提出することは、症状にあった後遺障害等級認定を獲得するために重要となります。当法律事務所では、医師でもある代表弁護士と大阪弁護士会交通事故委員会所属の交通事故事案経験豊富な弁護士の2名体制で対応しますので、必要に応じ、医学文献の調査を行ったり、判例検索を行った上で、後遺障害等級認定申請の際に、添付資料としてつけることもあります。

相談料無料
0120-947-717