現役の整形外科医である弁護士がサポートします

当事務所の代表弁護士小島崇宏は整形外科医の経験を活かし交通事故被害者の方を積極的にサポートしております。

経歴はこちらをご覧ください

医療と法の架け橋になれる法律事務所としてできることがあります。

整形外科医の視点からも症状等についての話をうかがいます。

画像を読影し、診断書やカルテを分析し、医学文献の検討を行うことが可能です。

弁護士が直接診察をしたり、診断書を書いたりすることはありませんが、当事務所に相談いただければ、医療と法の専門知識で交通事故問題に取り組む法律事務所として交通事故被害者の適切な賠償の獲得を最大限支援致します。また、当法律事務所には、大阪弁護士会交通事故委員会所属の交通事故事案経験豊富な弁護士も所属しており、交通事故被害者の方に、最大限のアドバイスを行います。

後遺障害等級認定では、何より、後遺障害診断書が重要となりますので、自身の症状に合致した適切な診断書を作成してもらえるよう、後遺障害診断書作成前に当法律事務所にご相談ください。また、後遺障害等級認定では、医学文献や裁判例も重要となりますので、この観点からもアドバイスいたします。

高次脳機能障害等の整形外科疾患以外についても、リハビリテーション科勤務の経験も踏まえ、適切・妥当な分析を行うことが可能ですのでご相談ください。

相談料無料
0120-947-717